音楽の広場PAM
音楽の広場PAM(PIAZZA ALLA MUSICA)と言う創立20周年の音楽ボランティア団体です。
200906<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200908
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第8回PAM会員の集いが無事終了いたしました。
第8回音楽の広場PAM会員の集い ありがとうございました。

前日は驚くような激しい雨が北九州を襲い、沢山の被害がある中

当日はどうなる事かと心配されましたが、

どうにか出席くださるお客さま方のお足を止めるほどではなく

滞りなく無事に楽しいパーティーを行うことができました。

これも日頃の会員の皆様、そしてPAMスタッフの行いの賜物でしょうか?

山崎真理子アドバイザーと岩崎博信事務局長の息の合った楽しい司会で終始楽しい雰囲気の中で

進めることができました。

ご案内葉書では今回はゲストはありません、とお知らせしておりましたが

総会を執り行ったあと、前コンサートで素晴らしいチェロの調べをお届けくださった

田元真木さんがお忙しい中を駆けつけてくださり、

スタッフの早川恵美さんの伴奏で素敵な三曲をご披露くださいました。

また、最後の総会ということでもあり、

参加下さったお客様へのプレゼントとして、

何と今回はわれらがPAMのスーパーバイザー、森岡謙一先生が

「サンタ・ルチア」と「カタリ・カタリ」を歌って下さいました。

すっかり皆様カタリになりきっていらっしゃいましたよ。



続けて山崎真理子先生、森岡謙一先生お二人での「乾杯の歌」で華やかに

乾杯の杯を挙げ、お食事タイムとなりました。

新スタッフのアンディのバイオリン、森岡先生のバスリコーダー、それに

急遽ご参加くださった田元さんのチェロでの「G線上のアリア」の演奏。

スタッフについての問題に答えていただくクイズ。

各テーブルから男性、女性に出ていただいて、壇上でのリンゴむき競争、

これは男性がリンゴを丸くむき、それを女性が完食するというもので、

りんごを上手にむけなくてナイフで削る人がいたり、食べるところが少なくなるほど厚く皮をむく人がい

たり、大うけ。

イントロ当て歌いゲームは1950年から60年代に流行った歌を流してやったのですが、
メロディーは分かってても、歌詞が分からなかったりして大騒ぎでした。
それにしても前に出て歌って下さった方々がみんなとってもお歌がお上手なのです。
びっくりいたしました。

じゃんけんゲームもじゃんけんが強い方、弱い方、又運の良い方、そうでない方があって、見ているだけでも楽しかったですよ。
最終的に勝ち残った方は、首が重くなるほどの50円玉ネックレスを下げて帰られました。

会費制度というものはなくなりましたが、PAMはこれからも会員の皆様の音楽に対する熱い心とご協力を頂いて、がんばって楽しい「音楽の広場」にしていきたいと思っております。

皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

次回のPAMは山田緑地での「第78回PAMコンサート」です。

改めてご案内いたしますのでよろしくお願いいたします。





スポンサーサイト
第8回PAM会員の集い
第8回音楽の広場PAM会員の集い

7月25日(土) 18:00
千草ホテル  二階光琳の間
会費      会員:5,000円  一般:6,000円


PAMの運営方法が変わり、会費制というものがなくなりましたので、
総会としての会員の集いは今回が最後となります。

とにかく楽しいパーティーとする為、スタッフ一同張り切って準備しております。
どうぞご期待下さい。

ご出席の皆様のご活躍の場がたくさんありますよ。
歌って、騒いで、たくさん食べて・・・・・
後で出席した方からお聞きになってがっかりしないように
どうぞ万障お繰り合わせの上おいで下さいね。

お待ちしております。

      PAMスタッフ一同
  
お久しぶりです。
長い間更新を怠っておりました。
申し訳ありません。


5月には第77回PAMコンサートが北九州芸術劇場小劇場において行われました。
超満員のお客さまに恵まれ、素晴らしいコンサートを行うことができましたことを
ご報告、御礼申し上げます。

当日は第1部に初出場の「左部 征」さんの歌、それからおなじみ「岩熊惇子」さんの歌、そしてお二人で素敵な二重唱をご披露くださいました。また、最近スタッフとしてお手伝いしてくれている小倉高校に英語の教師として赴任している「アンディ・チン」さんの素敵なバリトンの歌で楽しんで頂きました。その上プロとして活躍されているチェロ奏者「田元真木」さんとピアニスト「志賀総学」さんのPAMの趣旨に賛同されての演奏、ととても贅沢な1部となりました。

第2部のゲストは東京より美人チェンバロ奏者「有橋淑和」さんにおいでいただき、既存の概念にとらわれない新しいチェンバロの可能性に挑戦された音楽をご披露いただき、ご来場のお客様にもご満足いただきました。

バラエティに富んだ贅沢な音楽会、本当にPAMらしい、良い音楽会だったと思っております。
これからもPAMの趣向を凝らしたコンサートをお楽しみに・・・・・。
ご来場のお客様、本当にありがとうございました。







copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。